樹楽は24時間受け付けている|安心安全のサポート付き

お店の売上をらくらく管理

レジスター

低コストでの導入も可能

posは、1970年代ごろより使われるようになった販売管理システムです。従来の小売店等では、販売管理をもっぱら手作業によって行っていましたが、posではテクノロジーの力を借りて売上が発生した都度データを自動的に収録し、管理します。これによって、集計処理の正確性や効率性が格段にアップするようになりました。現在、posシステムの導入例としてよく知られているのが、コンビニのレジです。商品のバーコードを読み取るだけで自動的に釣り銭の計算等ができるだけでなく、何時何分にどんな商品が何個売れたかといったデータをシステム内に記録します。このデータを集計することで店の売上状況を正確に把握するだけでなく、何十、何百とある商品ごとの売れ行きを一望のもとにすることができます。在庫調整や資金繰りなど、店舗経営に欠かせないさまざまな業務の基礎資料として活用することができるのです。このposシステムですが、コンビニやスーパーなどの大規模チェーンで使用されているものは1店舗当たり百万円単位の導入費用が必要です。しかし最近では機器の小型化によるコストダウンが進んでおり、簡易なタイプなら個人商店などの小さな店でも手軽に利用できるようになっています。市販のタブレット端末がそのまま使える、アプリケーションソフトも販売されています。操作もタッチパネルに表示されたボタンを押すだけで処理ができるなど、機械に弱い人にも優しい設計になっています。