樹楽は24時間受け付けている|安心安全のサポート付き

立地選びの考え方

お店

狙う顧客に合わせる

どの業種においても、独立して店舗開業するには、開業後の店舗運営の事を考慮しなければなりません。そのためには開業前の準備が非常に大切であり、中でも立地選びは重要なポイントと言えます。なぜなら、いかに素晴らしい商品やサービスを用意していても、特に店舗販売を主戦略とする業種では、来店客集めが収益確保の基本戦略となるからです。店舗開業する際の立地選びは、特に顧客がどのような場所に集まるかが一つの基準になります。例えば飲食店の場合、週末に買い物客が集まるエリアや、平日の夜にビジネスマンが集まるエリアなど、提供するメニューによって好都合な条件が存在します。このように、商品に対する顧客の種類に合わせた立地を狙う事で、開業後の継続的な客足を維持出来るのです。また、ターゲットとする顧客の交通手段も重要な要素と言えます。例えば居酒屋を店舗開業する場合は、自家用車での来店よりも、徒歩や公共交通機関を使用しての来店が可能な立地が望ましいです。ファミリーレストランであれば自家用車での来店も考慮するべきであり、地域によっては大型の駐車場を構える事で、ファミリーの顧客を効果的に集客出来る場合もあるでしょう。このように、店舗開業する際には、商品やサービスはもちろん、ターゲットとする顧客に適した立地選びが大切です。上記では飲食店を例に挙げましたが、同じ飲食店でも店舗のコンセプトに合わせた立地である事が、成功する要素として重要です。この他の業種でも同様の事が言えるため、店舗開業の前に、まずは商品の販売方法や顧客を分析すると良いでしょう。