樹楽は24時間受け付けている|安心安全のサポート付き

小規模介護施設の開業

手

開業に必要な資金

超高齢化社会を迎えた日本では、特別養護老人ホームの待機問題や通所型介護施設の不足が深刻化しています。今後の需要拡大を受けて介護業界への新規参入が相次いでおり、デイサービスの開業を目指す人も増えてきました。こうした通所型の介護施設は社会的貢献度が大きいだけでなく、将来を見据えたビジネスとしても有望な市場を提供します。万全の準備を整えて開業すれば安定した収益を出せるビジネスモデルではありますが、介護施設の開業にはある程度の資金も必要です。一般の店舗などと違って介護施設にはバリアフリー化が求められるため、工事費用もそれだけ多くかかってきます。一般的な規模のデイサービス施設を開業する目的で既存の物件を改修する場合は、250万円から500万円程度が工事費用の相場です。定員10名という小規模デイサービスのフランチャイズ事業を展開する樹楽では、一般民家を改修したお泊りデイサービスを特徴としています。利用客が我が家にいるように安心してくつろげるアットホームな雰囲気で評判の樹楽だけに、開業する施設も小規模で済みます。開業資金はフランチャイズ入会金と開業サポート料金・物件取得費・工事費用などの初期費用を合わせ、合計700万円が平均的な例です。このうち工事費用は一般民家をバリアフリー化して改修するだけですので、より規模の大きいデイサービス施設と比較して低予算の250万円程度と見積もられます。樹楽に加盟してお泊りデイサービスを展開するにはこの他に人件費などの運転資金も必要となりますが、少しでも開業資金を節約したいという人には利用価値が高いものです。「もうひとつの我が家」を売りにした新しいスタイルの介護サービスで業界の注目を集める樹楽の看板を掲げれば、強力なブランド力を獲得することができます。小規模の介護サービスでも利用客の回転率を高めていけば安定した収益が確保され、事業の成功確率が高まるのです。