樹楽は24時間受け付けている|安心安全のサポート付き

独立の前に考えること

飲食店

黒字転換までの経費を準備

自己資金ゼロで店舗開業をするには、よほどしっかりした事業計画と社会的信用が必要になります。これに対して貯蓄や退職金など、ある程度まとまった資金があるときは、余裕があるため安易に考えて店舗開業に踏み切るケースが少なくありません。しかし自己資金があってもなくても、甘すぎる見積は失敗の元になります。店舗開業で成功するためには、事前に経費と収益の綿密な計画を立てておくことが大切です。店舗開業に必要な初期費用としては、不動産の購入費・賃貸契約費や内装工事費などがあります。周囲の人通りが多く条件の良い物件ほど、家賃や保証金の額は高くなります。また本格的な内装工事には数百万円以上の費用がかかります。居抜き店舗を利用すれば費用は節約できますが、理想どおりの店舗にするのは難しいでしょう。開業からしばらくの間は、赤字が続くことを覚悟しなければなりません。黒字に転換するまでの仕入れ費用や光熱費、生活費や従業員の給与などを、あらかじめ確保しておく必要があります。いつ黒字に転換するかは確実な予想が困難なので、いくつかのパターンを想定しておくことも重要です。個人経営の店舗では集客手段も限られているため、フランチャイズの知名度を利用するという方法もあります。独力で詳細な計画を立てるのが難しいなら、専門家の知恵を借りるのも良いでしょう。経験者の目から見た経営計画の診断は、素人の甘い見通しを修正する参考になります。